お問い合わせ・ご予約はこちらから

初診予約専用ダイヤル

050-7302-5765

再診予約・その他

03-5903-8467

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

練馬区上石神井駅より徒歩3分の大塚歯科|根管治療

大塚歯科
大塚歯科へのお問い合わせ:03-5903-8467

根管治療

精密根管治療

マイクロスコープ

歯の根の中は細く、暗く肉眼では見えない部分です。当院ではマイクロスコープや高倍率拡大鏡を使って、歯の根の中の状態を拡大することで肉眼で見えなかった根の先端まで見ながら治療をすることができるために、精密で確実な治療を行うことができます。

歯科用CT

歯科用CTは、三次元的に根管の形や位置関係がわかるため、通常のレントゲンではわからなかった根管の存在や病気の範囲、大きさなどが正確に調べられ、より正確で精密な治療を受ける事が可能となりました。

ラバーダム防湿

根管治療をするとき、歯の周りにゴムのシートを装着します。これをラバーダム防湿と言います。
お口の中の唾液には無数の細菌が存在しています。根管治療というのは根の中を綺麗にし細菌を可能な限り減らす治療ですので、その最中に細菌が侵入しては意味がありません。
そこで必ずラバーダム防湿を行い、無菌的処置をすることで再治療をなくす努力をしています。

症例

歯髄に達する大きな虫歯があります。歯を保存するために根管充填を行いました。
根尖や側枝(横道)にまで緊密に充填されています。歯が長持ちする為にはとても大事な基礎工事になります。

sample

パーフォレーションリペア

パーフォレーション(穿孔)とは、何らかの原因で歯の内部に穴が開いてしまった状態の事を言います。
その穴に細菌が侵入してしまうので炎症が起き咬むと痛い、歯茎が腫れるといった症状が起きます。

パーフォレーションを治療するのは大変難しく、従来は抜歯をしなければならない事が通常でした。
しかし、現在はマイクロスコープやMTAセメントを用いることにより修復し歯を保存する事が可能になりました。

症例

MTAセメントにより人工的に開けられた穴を封鎖しました。

外科的歯内療法

歯根端切除術

通常の根の治療では治らない場合、感染部分を外科的(歯肉を切開し骨を削り)に取り除く方法です。
マイクロスコープを使用し拡大下で確実な処置を行います。

症例

左上の2番目の歯が痛いと来院されました。
通常の根管治療を行いましたが、改善しませんでした。
そこで歯根端切除術を計画しました

マイクロスコープを利用し、歯肉を切開し根の先端3mmを切除します。
後ろからMTAセメント填入します

骨移植を行い吸収性膜で覆います。

丁寧に縫合し終了です。術後の経過は良好です。

意図的再植術

歯の根の病気が大きく通常の根管治療では治らない場合で歯根端切除術が出来ない場合、
わざと一度歯を抜いて病巣を綺麗にし元の場所に戻す治療法です。

症例

左下歯茎が腫れて痛いと来院されました。
CT撮影してみると根の先に大きな病気(嚢胞)が出来ていました。

まず抜歯を行い、病巣をきれいにします。マイクロスコープを使用し、根の先を3mm切断します。
根の先にMTAセメントを充填し元の位置に戻します。

術後 腫れや痛みはなくなりました。

診療予約・お問合せはこちらから

初診予約専用TEL050-7302-5765

その他お問い合わせ等03-5903-8467

お問合せフォーム

診療時間
9:30~13:00
14:30~19:00
※土曜は18:00まで

PAGE TOP