お問い合わせ・ご予約はこちらから

03-5903-8467

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

   

30代女性 歯の根が痛くて噛めない状態をマイクロスコープ(顕微鏡)で治療したケース|上石神井の歯医者なら|大塚歯科

大塚歯科
大塚歯科へのお問い合わせ:03-5903-8467

30代女性 歯の根が痛くて噛めない状態をマイクロスコープ(顕微鏡)で治療したケース

患者 30代女性
相談内容 右下の奥歯が痛くて噛めないと相談にいらっしゃいました。
カウンセリング 右下の奥歯は虫歯で神経が死んでしまっており根が化膿していました。「歯を残したい」「今回の治療を最後にして欲しい」「長持ちする治療」などを希望されました。
治療内容 まず虫歯を確実に取りきりラバーダム防湿を行えるよう壁(隔壁)を作りました。CTで3次元的に病気の広がりや歯根の湾曲、根管の状態を診断し、マイクロスコープ、Ni-Tiファイルで根管の拡大をしました。その後、エルビウムヤグレーザーと強酸性機能水を用いて徹底的な根管洗浄を実施。MTAセメントを用いて根充(根管の封鎖)を行いました。
治療期間 約3回
費用 仮歯:5000円(税別)
CT撮影診断:5000円(税別)
精密根管治療:10万円(税別)
リスク 仮歯は強い食いしばりや硬度の高いものを誤って噛むと割れてしまうことがあります。
通院を途中で止めると根管治療が失敗する可能性があります。

症例写真

治療前

虫歯で神経が死んでしまった歯を保存するための治療

虫歯で神経が死んでしまった歯を保存するための治療

虫歯で神経が死んでしまった歯を保存するための治療

治療中写真

虫歯で神経が死んでしまった歯を保存するための治療

虫歯で神経が死んでしまった歯を保存するための治療

治療後

虫歯で神経が死んでしまった歯を保存するための治療

虫歯で神経が死んでしまった歯を保存するための治療

虫歯で神経が死んでしまった歯を保存するための治療後

虫歯で神経が死んでしまった歯を保存するための治療後

虫歯で神経が死んでしまった歯を保存するための治療後

PAGE TOP