お問い合わせ・ご予約はこちらから

初診予約専用ダイヤル

050-7302-5765

再診予約・その他

03-5903-8467

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

練馬区上石神井駅より徒歩3分の大塚歯科|インプラント治療は痛いですか?

大塚歯科
大塚歯科へのお問い合わせ:03-5903-8467

インプラント治療は痛いですか?

東京上石神井駅徒歩3分の距離にある歯医者さん、大塚歯科です。
今回のテーマは「インプラント治療の痛み」です。
歯科治療において誰もが気にするのは、治療内容そのものよりも痛みの有無ではないでしょうか。

と言うのも、「歯科医院の治療=痛い」と認識している人が多く、
大人でさえ虫歯治療に恐怖を感じる人は少なくありません。特にインプラント治療に至っては、
手術をするという点で歯科治療の中でも最も痛みの有無が気になる治療だと思います。

治療時の痛み

治療時に痛みを感じるとすれば、「麻酔」と「手術」の2つの場面です。
結論から言うと、正直これらの場面で痛みを全く感じないことはありません。
しかし、その痛みは想像しているものよりも遥かに小さなものになります。

麻酔は虫歯治療で使用するものと同じですから、感じる痛みはあくまで麻酔注射の痛みと同じです。
次に手術による痛みですが、これは麻酔が効いているためほとんど感じることがありません。
この点については手術経験のある人は良く分かるのではないでしょうか。

お腹を切開するのは当然痛いわけですが、実際には麻酔の効果で痛みはほとんど感じなかったと思います。
インプラント治療の手術もこれと同じで、治療内容だけ聞けば大きな痛みを感じることを想像するでしょうが、
内科の手術同様、麻酔の効果によって痛みはほとんど感じないのです。

治療時の恐怖への対処

治療時は痛みよりも恐怖の感情の方が厄介です。
とは言え、「歯肉を切開して顎の骨に穴をあける」という手術内容に恐怖を感じる気持ちは理解できます。
このため、そんな患者さんの恐怖心を払拭するための対処方法も導入されています。

例えば静脈内鎮静法…これは点滴によって鎮静剤を投与する方法で、
不安や恐怖を軽減させて眠ったようなリラックス気分で治療を受けられるようになる効果があります。
「眠ったような気分」に不安を感じる人もいますが、全身麻酔と違うので意識を失うことはありません。

言葉で表現するなら「うつらうつらとした状態」になり、治療後は身体を休めることで意識が完全に戻ります。
これによってインプラントの治療中、リラックスした気分を保つことができるのです。
ただし、静脈内鎮静法は全ての歯科医院で導入しているわけではないため、その点だけ注意してください。

治療後の痛み

単に痛みの度合いで比較すれば、治療中よりもむしろ治療後の方が痛みを感じます。
と言うのも治療後は麻酔が切れるため、手術による傷の痛みを感じてしまうからです。
これについては、次の2つの方法で痛みを軽減させられます。

痛み止めを飲む

治療後の痛みへの対処として、歯科医院で痛み止めが処方されます。
また、工夫の1つとして手術前に痛み止めを飲んでおけば、
麻酔が切れた後も痛み止めの効果によって痛みを感じなくさせることができます。

歯科医の指示を守る

インプラント治療では入院の必要がなく、当日帰宅することが可能です。
ただし手術をしている以上、日常生活の過ごし方次第では当面痛みを感じることがあります。
その点に関しては歯科医から説明があるため、その説明を守って痛みを感じる行為を控えましょう。

日常生活の注意点

上記で説明したとおり、治療後は日常生活の過ごし方次第で痛みを感じることがあります。
例えば次のような行為がそれに該当するため、これらを控えれば日常生活で感じる痛みを回避できます。

血行が良くなる行為全般

血行が良くなると血流が神経を圧迫し、痛みの増加や炎症の発生につながります。
入浴、運動、アルコールの摂取などがこれに該当します。入浴はシャワー程度にしておき、
運動する必要のある仕事をしている場合は事情を話し、仕事内容について配慮してもらうと良いでしょう。

喫煙

そもそもインプラント治療をする以上、喫煙してはいけません。
歯科医院によってはヘビースモーカーの人はインプラント治療が受けられなくなっていますし、
インプラント治療後の喫煙は痛みの増加だけでなく治療の失敗…つまりインプラントの脱落を招きます。

…これらに注意していても痛みを感じることがありますが、その場合は痛み止めで対処するのが基本です。
またこうした痛みは長期間続くものではなく、個人差があるので断言はできないものの、
一般的には抜糸する頃(治療して約1週間後)には痛みが治まっている人がほとんどです。

まとめ

いかがでしたか?
最後に、インプラント治療の痛みについてまとめます。

1. 治療時の痛み :内科の手術と同じように、麻酔によって痛みはほとんど感じない
2. 治療時の恐怖への対処 :治療の恐怖への対処として、静脈内鎮静法を導入している歯科医院がある
3. 治療後の痛み :基本は痛み止めで対処し、歯科医の指示を守った日常生活の過ごし方をする
4. 日常生活の注意点 :血行が良くなる行為全般(入浴、運動、アルコールの摂取など)、喫煙

これら4つのことから、インプラント治療の痛みについて分かります。
インプラント治療では痛みがゼロではないものの、治療内容から想像してしまうほどの痛みはありません。
また、麻酔や静脈内鎮静法など痛みへの対処も充実しています。
このため、インプラント治療に対する痛みへの心配はそれほど深刻に考えなくても良いでしょう。

PAGE TOP