お問い合わせ・ご予約はこちらから

03-5903-8467

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

   

70代女性「前歯が飛び出て見た目が気になる。全体的に悪い所を治したい」インプラントや部分矯正、セラミック治療を行い、思いきり笑えるようになった症例|上石神井の歯医者なら|大塚歯科

大塚歯科
大塚歯科へのお問い合わせ:03-5903-8467

70代女性「前歯が飛び出て見た目が気になる。全体的に悪い所を治したい」インプラントや部分矯正、セラミック治療を行い、思いきり笑えるようになった症例

患者 70代女性
相談内容 「前歯が飛び出ていて見た目が気になる。また、何十年も歯科医院に行っていないので全体的に悪い所を治したい」とご来院いただきました。
カウンセリング 拝見すると、上の前歯は根元が虫歯になっており、根の先に膿が溜まっている状態でした。また、全体的に歯周病や虫歯が多く見られ、総合的な治療が必要と判断しました。
治療内容 根っこの治療が必要だった上の前歯2本(右上中切歯/1番、左上側切歯/2番)と奥歯4本(右上第1大臼歯/6番、左上第2小臼歯/5番、左上第2大臼歯/7番、左下第2大臼歯/7番)は、治療結果の成功率と永続性を考慮し、顕微鏡を用いて「精密根管治療」を行いました。
また、左下奥歯は矯正用インプラントを用いて手前に倒れ込んでいたのを起こす部分矯正「アップライト」を行い、歯並びを改善させる治療も行いました。

右下奥歯2本(第2小臼歯/5番、第1大臼歯/6番)は、人工の歯根を埋め込む「インプラント治療」を選択しました。

被せ物を入れる前には、右上奥歯3本と右下インプラント部に固い歯肉を増やす「歯肉移植」を、右下奥歯(第1小臼歯/4番)は歯茎が下がっている所を覆う「根面被覆(こんめんひふく)」を行い、歯茎の見た目を改善させました。

治療した歯の被せ物は、見た目がきれいで歯との親和性が良く、虫歯になりにくい「セラミック」で作製しました。
なお下の前歯のみ、最後のセラミックを被せる前に色が合うように「オフィスホワイトニング」を事前に行いました。

保存不可能だった右上の奥歯(第2大臼歯/7番)と左下の親知らず(第3大臼歯/8番)は、抜歯しました。

ご年齢から根本的な治療を行う最後の機会にしたいと考え、可能な限り再治療が無いよう、かつ患者様ご自身の歯をなるべく残せるように治療の計画を立てました。
医学的根拠に基づき、治療結果が長持ちするよう骨格を含めあらゆる視点から診査診断し、筋肉や顎関節と調和したバランスの良いかみ合わせに整えることも目指しました。被せ物を入れる際は、より清掃しやすい環境になるよう努めました。

治療期間 1年6ヶ月
費用 約3,000,000円
<内訳>
インプラント、セラミックの被せ物、歯肉移植、根面被覆、精密根管治療、部分矯正、ホワイトニング
治療後 上の前歯は見た目が改善され、お口全体でしっかり噛めるようになりました。
患者様も「何でも食べられて、人前で思いきり笑えるようになって大変感激している」とご満足していただけています。
治療のリスクについて ・メンテナンスを怠ると虫歯、歯周病の再発、インプラント周囲炎になる可能性があります。
・セラミックは強い食いしばりなどがあると割れてしまう可能性があります。
・インプラントは外科的処置を伴います。

症例写真

治療前

治療中

治療後

    

PAGE TOP